過払い金請求とは

過払い金請求とは

過払い金請求とは、貸金業者に払いすぎている利息を返してもらうことを指します。2010年(平成22年)6月18日施行の貸金業法及び出資法改正前には、利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利で貸している貸金業者が多く、その時に払いすぎている利息を返してもらうことができるのです。

2010年6月18日以前には、グレーゾーン金利と呼ばれる出資法に定める上限金利29.2%以下で貸している貸金業者がほとんどでした。これは利息制限法には刑罰がなく、出資法には刑罰が存在したため、起きたもので、2010年の貸金業法改正時にこのねじれはなくなりました。つまり、2010年6月以前に貸金業者を利用していた方は、過払いの対象になる可能性が非常に高いのです。

利息制限法の金利

上記の金利よりも高い金利で借りていたことがある方は、今現在完済していても、返済中でも、過去にさかのぼって過払いをしてしまった利息分を返還請求することが可能なのです。

過払い金返還ができる期限

過払い金返還請求権の消滅時効は取引終了時から10年であれば返還請求が可能です。これは完済していても請求可能です。

過払い金に利息が発生する

過払い金にも利息が発生するのです。これは過払い金の発生時から年5%の利息が発生することになるのです。