任意整理とは

任意整理とは

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用せずに、依頼した弁護士や司法書士などの専門家が債権者(サラ金や消費者金融など)と交渉して、利息の減額や毎月の支払額の減免をしてもらうことで、負債を圧縮するとともに返済額を軽減する債務整理の一つの方法です。

任意整理は専門家に依頼する

任意整理は公的機関を利用しない債務整理なので、示談のようなものです。つまり、やろうと思えば個人でもできる方法です。実際には、サラ金業者・貸金業者は、借金をしている本人が交渉しようとしても、なかなか上手く進まないのが現状でしょう。もし、それができるのであれば、今まででもできたものなのです。第三者が法的な保護の元、法律などの知識を利用して交渉しない限りは交渉は進展しません。任意整理を専門にしている弁護士や司法書士に相談するのが一番いい方法です。

3年で返済する計画でないと交渉は難航

借金をした人が弁護士や司法書士に依頼するケースでは、債務者の収入でやりくりをして3年前後での返済が可能な場合に任意整理を選択するケースが多いです。弁護士や司法書士は利息制限法に基づいて債務額を確定し、返済計画を立てます。この返済計画が5年以上の長期にわたるようだと、債権者であるサラ金業者、貸金業者も、いい顔をせずに交渉が難航してしまうからです。通常、この債務額が3年で返済できないケースでは自己破産を選択するケースが多いです。

3年間の返済が可能か、どうかのラインは

( 手取収入 - 住居費 ) ÷ 3 × 36回(3年) 

で債務額が返済できるかどうかがポイントになってきます。上記の式が示しているのは、収入から家賃などを除いた額の3分の1を返済し、残りの3分の2を生活費にあてるということです。