自己破産での弁護士と司法書士の違い

自己破産での弁護士と司法書士の違い

自己破産をした場合の弁護士と司法書士の違いは何があるのでしょうか?

自己破産は弁護士か本人しかできない

実は、自己破産は本人でない場合に、破産申立人の代理人を立てることになります。しかし、この破産申立人の代理権というのは、弁護士にしかないのです。

そのため、弁護士に依頼すれば、書類の作成から、裁判所への書類提出などの業務を代理で行ってくれるのです。

司法書士の場合は、自己破産で裁判所に提出する書類の作成はできるのですが、申請や提出などの作業は自分でやらなければならないのです。

弁護士だけが可能な「少額管財」と「即日面接」

一般的に自己破産をした場合には、破産申立を行ってから破産手続き開始決定まで1ヶ月~2ヶ月の時間がかかります。

しかし、弁護士が自己破産を代理人として申告した場合に「即日面接」という制度を利用することができ、当日~3日のあいだで破産手続きの開始決定が行われます。つまり、破産による免責決定までの期間が弁護士に依頼すれば1ヶ月~2ヶ月早くなるということです。

また、弁護士に依頼した場合には、通常裁判所に納める予納金が50万円以上必要な管財事件ではなく、予納金が20万円以上で済む少額管財という制度を利用することが可能なのです。

この「少額管財」と「即日面接」などの制度は破産者の多い東京地方裁判所など一部の裁判所しか行っていないため、確認が必要です。

債務整理とは違って、自己破産の場合は、弁護士に依頼すべきなのです。