自己破産の提出書類

自己破産の提出書類

自己破産をする時に必要な提出書類はどのようなものがあるでしょうか。ここでは自己破産の全体像を把握するためにも、自己破産に必要な提出書類について解説します。

破産申立書、免責申立書

破産の申し立てを行い、同時に免責の申し立ても行うために必要な申告書です。

記入する債務者(破産申立人)の情報

陳述書

この陳述書は、借金や破綻した理由などを各書類なので、箇条書きで済む申立書とは違った難しさがあります。また、この陳述書しだいで免責認定されるかどうかのポイントになるほど重要な書類であるため、依頼している弁護士に相談しながら作成する必要があります。できるだけ、具体的に書きましょう。

債権者一覧表

債権者の一覧表です。自己破産では、漏れなく記入する必要があるので、貸金業者以外の知人や家族でも、借金をしている場合は、すべて記載する必要があります。記入漏れをすると、免責認定が受けられない可能性があるので注意が必要です。

資産(財産)目録

資産の一覧表です。保有している不動産や現金などの財産をすべて記載します。

家計状況

過去3ヶ月程度の家計簿を記載します。具体的な収入や支出、同居家族の収支も含めて記載する必要があります。

その他資料

これは、該当するものだけ必要であったり、自身で用意する必要のある書類です。